宗派によっては式を挙げる場所が限られる場合がある

教会式は、皆さんがよく知っている一般的なキリスト教式とも呼ばれています。式場に併設されているチャペルで挙げる場合は、特に宗派など気にする必要もありません。しかし、しっかりとした教会で挙式をしたい人は、宗派によっては挙げられない場合があることも知っておかなければならないでしょう。例えば、カトリックの場合は新郎新婦のどちらかが信仰していないと挙げられないなどです。プロテスタントであれば、誰でも式を挙げることが出来るので、招待客なども通常通り呼びたい人を呼べるため、自分達の理想の式を挙げられるでしょう。このように、本物の教会で式を挙げたい人は、昔からのしきたりをしっかりと分かった上で進めることが必要になります。

自分で手配するなど注意点がある

式場に併設されているチャペルであれば、結婚式場を決めるだけでそこで挙式と披露宴が出来るため、何の手間も迷いもありません。しかし、本物の教会で式を挙げたい場合は、自分達が挙げられる宗派の教会なのかや披露宴を行える会場が近くにあるのかなどを調べる必要があります。もし、近くに披露宴が出来そうな会場が見つかったとしても、教会と同じ日に予約を取ることが出来るのかや挙式が終わった後のゲスト達の交通手段はどうするかなど、自分達主導で漏れなく想定しなければなりません。 また、教会によっては写真撮影が出来ない場所もありますし、撮影が出来たとしてもカメラマンの手配も自分達でする必要があるでしょう。このように、手間や時間はかかってしまいます。しかし、本物の教会だからこその荘厳な雰囲気での挙式は、素敵な物になるはずです。

パパママ婚は、子供の誕生後や子連れでの再婚など、子供がいる新郎新婦が挙げる結婚式のことを意味します。子供と一緒に挙式ができるよう、授乳室や離乳食が準備されているプランもあります。